大人気車中泊カー「RS1」に新型アトレーが登場!

_dsc3108.jpg _dsc3073.jpg _dsc3639.jpg _dsc3274.jpg _dsc3153.jpg _dsc3616_20220302185912608.jpg _dsc3208.jpg _dsc3627.jpg _dsc3121.jpg _dsc3120.jpg _dsc3634.jpg _dsc3654.jpg _dsc3679.jpg

RS1XX(アールエスワンダブルエックス)

新型アトレーが登場!

装備充実のワゴンがベース

ダイハツの新型アトレーがベースの車中泊カー「RS1XX(アールエスワン ダブルエックス)」が誕生しました。エブリイバンベースの「RS1」、エブリイワゴンベースの「RS1+」同様、車両本体+ベッド+楽ナビ+諸費用を込みで購入できるというものです。
軽自動車ベースなので維持費もラクだし、何よりバンコンやキャブコンに比べ、価格もとってもリーズナブル。
今流行りの“1万円で乗れる”というリースではなく、ちゃんと貴方のものになります。だから購入したあとに、いろいろクルマを架装してもOK! もちろんリースによくある走行距離制限もありません! 新型アトレーがベース「RS1XX」で旅を楽しみましょう。

●リースじゃないから、走行距離も気にせず走れる!
●リースじゃないから、カスタムを追加しても問題なし!
■頭金0円でもOK
■グレード変更・4WDもOK
■今後続々豊富なオプションが登場


You Tube

映像で詳しく解説

RS1XXの基本ベース

◆ベッドマット
◆カロッツェリア・楽ナビ
◆諸費用

「RS1(アールエスワン ダブルエックス)」は、ダイハツ新型アトレーをベース車両とし、「車両本体」「ベッド」「カロッツェリア・楽ナビ」、そして諸費用を含めた設定です。「ベッドがあってナビがあればいい」という方は、この基本ベースだけあればOK! もちろんグレード変更や、オプションやワンオフパーツの追加など、貴方好みの架装が可能です。

車両本体

※写真はオプションを含みます。

ベッドマット

カロッツェリア・楽ナビ

※写真はエブリイワゴンでカロッツェリア・サイバーナビです。


RS1XXのベッドマット

見比べると分かる高クオリティ

寝心地の良いベッドマット

車中泊カーの一番大事なポイント、それがベッドマットのクオリティ。気持ち良く朝、起床するためには適度な硬さが必要なのです。そして手触りといった質感、高級感と耐久性を決定する縫製の高さが重要です。またボディとのマッチングも、車中泊カーのベッドマット選びのポイントのひとつと言えるでしょう。
RS1シリーズは軽キャンとはいっても、ハイエースキャンピングカー「RSプレミアム」同等の高品質なベッドマットを採用しました。色や素材も、お好みで仕上げることが可能です。


ルーフボックス+踏み台

軽自動車の収納スペースアップに

踏み台を収納できる

軽自動車ベースで気になるのが収納スペース。ベッド下の収納スペースを増やすと室内高が低くなり狭くなる…。そこでオススメしたいのがルーフボックス。しかし、その時に困るのがルーフボックスへのアクセス、そう!どうやってルーフボックスに荷物を出し入れするかです。その時に活躍するのが踏み台。でも、この踏み台をどう収納するかが問題なのです。RS1XXはベッド下の広大なスペースに踏み台の収納が可能。この場所であれば日頃のクルマの使用や、車中泊時でも邪魔になりません。収納可能な折りたたみ4段踏み台も用意しています。


基本ベース価格表

※新型アトレーはすべてターボ・CVTの設定
仕様(グレード) 価格(税込)
アトレー X 2WD 199万円
アトレー X 4WD 215万円
アトレー RS 2WD 210万円
アトレー RS 4WD 226万円

 



小さなご質問でもお気軽にどうぞ。

お問い合わせメール

 \ 最新情報 /

ATV群馬の最新情報はFACEBOOKに掲載!